ホームページ 検索 サービスへのご意見・ご感想   

1 2 2 2
イギリスでの勉強と仕事

スクールカタログ

別サービス

 

特別サービス

保険について

日本への低料金通話

ホームページ私達のサービス費用・小遣いビザ語学・専門学校 住まい働くことインフォパックフォーラムお助けQ&A 私たちへのコンタクト証明書と認可証

 
a
  私達のサービス
  語学コース
   スクールカタログ
   勉強と仕事
   コースを予約する
 仕事
 住まい
   下宿 ,
   安いホテル
   学生寮の一部屋
   フラット又はルームシェア
 申込書
   語学コース予約申込書
   住まいの予約申込書
   勉強と仕事
 インフォパック
 保険
 証明書と認可証
 よくある質問
 連絡先
 日本への低料金通話
 イギリス国内のツアー
 

アンケート

このサイトについてどう思いますか?
とても良い
良い
まあまあ
役に立たない

 
  費用
ここではイギリスへの渡航費用やロンドンでの生活費(食事、住まい、遊び)それにもし働いた場合の時給などを説明しましょう。

イギリスへ行く前にかかる費用

  • 航空券:
     日本〜ロンドン間の往復航空券は約10万円〜15万円です。これは渡航時期によって大きく異なります。例えば1〜3月くらいまでは比較的安いですが、6月を過ぎますとだんだん値段が上がってきますので、渡航時期を決める際には注意をして下さい。
    なお、帰りの航空券を入国管理官に見せなくてはならないので、片道切符での渡航は避けて下さい。

    *一年間オープンの往復航空券もありますので、こちらについては各旅行会社に問い合わせて下さいね。
  • 学費: 
     学校によって決められていますが、これはコースの期間によって異なります。現在ロンドンで一番安い学校は、一週間約16,000円からとなっています。詳しくはスクールをチェックして下さい。
  • 住まい:
     イギリス行く前に、住まいはぜひとも決めておかなくてはなりません。

    ホームステイ、ベッド&ブレックファスト(朝食つき旅館。昼・夕食はなし)、あるいは下宿、またはフラット(イギリスではアパートのことをフラットといいます)をお探しにな ると思いますが、ホームステイの場合で一週間約10,000円から(光熱費・食費込み)、安いホテルでも一日約10,000円以上(食事代は別途)はかかります。

    フラットの場合、不動産屋によっては半年分の家賃を先払いしなければならないこともありますので、初めてイギリスに滞在される方、あるいは短期滞在の方は避けた方が無難でしょう。どうしてもフラットで   一人暮らししたい!
    という長期滞在予定の方は各学校に住居担当のコーディネーターがいますので、相談してみて下さい。
    自分で不動産屋に行く場合は、お友達やご両親と一緒に行かれたほうがよろしいです。

    フラット・ルームシェアや学生寮ですと一人でフラットに住むよりも家賃はずっと安いですが、同居人をしっかりと選ぶ・行動に注意することが大切です。
    もし知り合いやお友達がすでにイギリスにおられ、その方と一緒に住まわれる場合は、問題は無いでしょう。はじめてイギリスに住む方には、最初はホームステイをお勧めします。
  • 渡航時の所持金
     空港の入国審査官から現金、またはトラベラーズチェックをいくら持ってきたか質問されます。
    金額によっては(少なすぎると)入国許可がおりないかも知れませんから注意しましょう。

    3週間で約1000ポンド(約200,000円)
    あれば大丈夫ですが、約1ヶ月以上滞在する場合には、現金の他に銀行の残高証明書が絶対に必要です

    日本の銀行で普通・定期預金口座をお持ちであれば、誰でも作ってもらうことができます。ただし、英語で作ってもらってください。
    ドル立てでも構いません
    。どのくらいの残高があればいいかは滞在期間によりますが、約3ヶ月滞在するなら約600,000円以上は最低必要です。

    複数の銀行口座をお持ちの方は、それぞれの銀行で残高証明書を作ってもらいましょう(もちろん1つの口座にお金を集めて、一通の残高証明書を作っても構いません)
    。滞在期間をよく考えて、いくら必要か計算してみて下さい。その残高証明書の合計が、自分で計算した費用以上(例えば、1年で約2百万円以上)であれば大丈夫です。入国審査官に提出して下さい。
    また、‘お金が足りなくなったらご両親は助けてくれますか?’と聞かれる場合もありますので、‘ YES!’とはっきり答えましょう。ビザやマスターなどのクレジットカードも用意しておくと役に立ちます。

イギリスに着いたら

  • あなたが一週間に使う費用は、大体70ポンドから100ポンド強です。
    住居費が一番高いので、1つのフラットを何人かでシェアするか、またはフラットで一人暮らしをするか、下宿をするかで費用は雲泥の差になります。

    フラット・ルームシェアが一番安上がりです。(が、上でも言いましたように、同居人をしっかりとチェックしましょうね。) アルバイトをする場合の時給は、あなたの英語力、スキル、仕事の経験によって大きく差がつきます。
    最低時給は、18歳以下で約3ポンド60ペンス(約650〜700円)、18歳以上で約4ポンド20ペンス(約750〜820円)です。平均では時給最高約9ポンド(1620〜1750円)です。

色々な費用の一覧表

支出の種類

詳細

費用・価格/

学割
交通費

ゾーン 1 2以内の場合 (ゾーンについては地図を参照してください)

18.50ポンド13.30ポンド
家賃 (2人部屋)

ゾーン2で、フラットシェアの場合 

70-140ポンド70-140ポンド
家賃 (一人部屋)

ゾーン2で、フラットシェアの場合

70-100ポンド70-100ポンド
食費

スーパーマーケットチェーンでの一人あたりの買い物(例;Tesco, Safeway or ASDA

15-30ポンド15-30ポンド
 

インフォメーション

イギリスの銀行の営業時間と口座の開き方はこちらをクリックして下さい

 

イギリスでのファーストステップ,をクリックすると以下のような詳しい情報を含んだ私達のインフォパックを注文できます;

1) イギリスへ行くための準備のしかた

2) 空港の入国審査でどのように受け答えすれば良いか

3)ロンドンでのファーストステップ: 住まい, 学校、 仕事 - 職業紹介所のリストを載せているのはここだけです

インフォパックを注文するには こちら をクリックして下さい
もっとインフォパックについて詳しく知りたいと思う方は
  こちらをクリックして下さい

 

free calls to Poland

ホームページ 検索 サービスへのご意見・ご感想 kursy angielskiego w Angliicrowdfunding property investment in London

ホームページ ホームページ 費用・小遣い ビザ 語学・専門学校 大学 住まい 働くこと
           フォーラム サービスにかかる費用              お助けQ&A   私たちへのコンタクト

     証明書と認可証

Send mail to info@uk-japan-studies.co.uk with questions or comments about this web site. Advertising
Copyrights © 2000-2017
No part of this site may be reproduced or stored in a retrieval system.

Every effort has been taken to ensure the accuracy of the content of this site but the publisher cannot be held responsible for the consequences of any errors. A number of external links exist within the site and the publisher does not endorse any such external links.
We recommend: kursy angielskiego w Anglii, kursy angielskiego w Anglii tanie rozmowy do Polski & tanie rozmowy do Polski with www.tanie-rozmowy-do-polski.eu.
Don't miss out: free calls to Poland, how to call Poland for free from mobile, free calls to Poland from UK - make completely free calls to Poland from your landlines or mobiles.